Weissによる仮想通貨の【格付け】です。

仮想通貨
Twitter でフォロー

 

 

格付けの内容ですそのまま

Weissから引用しています。

 

・原文
・日本語訳(Google翻訳)

原文

 

 

FOR IMMEDIATE RELEASE
Wednesday, January 24, 2018

Weiss Ratings Issues First-Ever Rating Agency Grades on 74 Cryptocurrencies. Bitcoin Gets C+ (“Fair”). Ethereum Is B (“Good”).

PALM BEACH GARDENS, FL — Weiss Ratings, the nation’s leading independent rating agency of financial institutions, releases today the nation’s first-ever grades on cryptocurrencies by a financial rating agency.  Weiss gives Bitcoin a C+ (meaning “fair”) and Ethereum a B (“good”). None of the cryptocurrencies covered currently get a grade of A (“excellent”). In total Weiss currently covers 74 cryptocurrencies.

A grade of A or B can also be interpreted as the investment rating equivalent of  “buy.” At the same time, investors should not be overly alarmed by a C rating. It is a passing grade, and for investors, implies the equivalent of “hold.” Grades of D” and E” are the equivalent of “sell.” However, investment decisions should not be made solely based on ratings. They are meant as a tool in the context of a broader risk management strategy.

What makes Weiss’ entry into cryptocurrency ratings significant is its history of independence and accuracy in other investment sectors, as noted by the U.S. Government Accountability Office (GAO), Barron’s,The Wall Street Journal, and The New York Times, among others.

“Despite extreme price volatility, cryptocurrencies have a bright future and the potential to deliver unusually large profits to investors,” said Weiss Ratings founder Martin D. Weiss, Ph.D. “However, the market is hectic and confusing for investors. They need the clarity that only robust, impartial ratings can provide.”

The Weiss Cryptocurrency Ratings evaluate price risk, reward potential, blockchain technology, adoption, security, and other factors. “Due to rapid changes in the data,” explains Weiss, “upgrades and downgrades are more frequent than in other sectors we cover.”

Below is a sampling of Weiss Cryptocurrency Ratings, selected randomly to illustrate a variety of strengths and weaknesses:

  • Bitcoin (rated C+) gets excellent scores for security and widespread adoption. But it is encountering major network bottlenecks, causing delays and high transactions costs. Despite intense ongoing efforts that are achieving some initial success, Bitcoin has no immediate mechanism for promptly upgrading its software code.
  • Ethereum (B), the second most widely adopted cryptocurrency, benefits from more readily upgradable technology and better speed, despite some bottlenecks.
  • Novacoin (D) and SaluS (D) are weak in terms of both technological innovation and adoption.
  • Steem (B-) enjoys a relatively good balance of moderate strength in nearly all the key factors considered along with a social network feature.

“All else being equal, as a cryptocurrency overcomes its individual challenges, it’s likely to be upgraded promptly,” Weiss adds.

Weiss Ratings, which began in 1971, rates 55,000 institutions and investments. Unlike Standard & Poor’s, Moody’s, Fitch and A.M. Best, Weiss never accepts compensation of any kind from the entities it rates.

To purchase the full list plus weekly updates, including all upgrades and downgrades, go here.

 

日本語訳(Google翻訳)

、2018年1月24日水曜日

Weiss Ratingsは、74の暗号化された通貨で格付け機関格付けを発行しています。BitcoinはC +(「フェア」)になります。エテリアムはB( “良い”)です。

フロリダ州パームビーチガーデンズ – ワイス・レーティングスは、金融機関の独立系格付け機関であり、金融​​格付け機関によるクレジットカード通貨の初めての格付けを今日発表しました。WeissはBitcoinにC +(「公平」を意味する)とEthereum a B(「良い」)を与えます。現在カバーされている暗号化通貨のどれもA(「優秀」)のグレードはありません。合計でワイスは現在、74の暗号化通貨をカバーしています。

AまたはBの格付けは、「購入」に相当する投資評価として解釈することもできます。同時に、投資家はC格付に過度に警戒すべきではありません。合格点であり、投資家にとっては「保留」に相当することを意味します。DとEの等級は「売却」に相当します。ただし、投資判断は格付けのみに基づいて行うべきではありません。これらは、より広範なリスク管理戦略の文脈におけるツールとして意味されています。

Weissのクリプトクックランクの格付けへの重要な要素は、米国政府会計庁(GAO)、バロンズ ウォールストリートジャーナルニューヨークタイムズなどのように、他の投資分野における独立性と正確性の歴史です。。

「極端な価格変動にもかかわらず、クリプトカルトは明るい未来と投資家に異常に大きな利益をもたらす可能性を秘めています」とWeiss Ratingsの設立者Martin D. Weiss博士は述べています。しかし、市場は投資家にとって忙しく混乱している。彼らは堅牢で公平な格付けだけが提供できる明快さを必要としています。

Weiss Cryptocurrency Ratingsは、価格リスク、報酬の可能性、ブロックチェーン技術、採用、セキュリティなどの要素を評価します。Weiss氏は、「データの急激な変化のために、アップグレードとダウングレードは他の分野よりも頻繁に行われています」と説明しています。

以下は、様々な長所と短所を示すためにランダムに選択されたWeiss Cryptocurrency Ratingsのサンプルです。

  • Bitcoin(C +の格付け)は、セキュリティと普及率が優れています。しかし、大きなネットワークボトルネックが発生し、遅延や高いトランザクションコストが発生します。Bitcoinは初期の成功を達成するための激しい継続的な努力にもかかわらず、迅速にソフトウェアコードをアップグレードするための即時のメカニズムはありません。
  • 2番目に広く採用されているCryptocurrencyであるEthereum(B)は、いくつかのボトルネックにもかかわらず、より容易にアップグレード可能なテクノロジとより速いスピードで利益を得ます。
  • Novacoin(D)とSaluS(D)は、技術革新と採用の両面で弱い。
  • Steem(B-)は、ソーシャルネットワークの特徴に沿って考慮されているほとんどすべての重要な要因において、適度な強度の比較的良好なバランスを楽しんでいます。

「他のすべてが同等であることは、暗号侵害が個々の課題を克服するため、迅速にアップグレードされる可能性が高い」とWeiss氏は付け加えた。

1971年に始まったWeiss Ratingsは、55,000の機関と投資を評価しています。スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチ、AMベストとは異なり、ワイスはそれを評価するエンティティからのいかなる種類の報酬も受け付けません。

すべてのアップグレードとダウングレードを含む完全なリストと毎週のアップデートを購入するには、ここに行きます

2018年よりブログを始めました。よろしくお願いします。  興味のあるもの:食べ物、料理、仮想通貨etc.
ぐる~gooloo~ぶろぐ

gulu.gulu.をフォローする
仮想通貨
スポンサーリンク
gulu.gulu.をフォローする
gooloo blog

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました