【歴史に残る】今年のボジョレーは、いつ解禁?

グルメ
Quadronet_Webdesign / Pixabay
Twitter でフォロー

こんばんは、ぐーるーです。

なんか、そろそろ紅葉も始まってきて秋だなぁ。って感じですよね。

 

そんで、もうひとつこの時期のイベントと言えば

そう、ボージョレー・ヌーボー(Beaujolais nouveau)の解禁日です。

解禁日は、11月15日(木)です

 

そこで、今回は

ありきたりですけど、ボージョレー・ヌーボーのことを書いていこうかなっって思います。

 



目次

ボジョレー・ヌーヴォーとは

今年の出来は?

おわり



 

スポンサーリンク

ボジョレー・ヌーヴォーとは

ボジョレー・ヌーヴォーとは、

毎年11月第3木曜日

解禁される、新酒のボジョレーワインのことを言います。

 

ボジョレーヌーヴォーの「ヌーヴォー」は、

試飲新酒という意味なので、ボジョレー・ヌーヴォーはその年のワインの出来を確認するためのワインです。

 

当たり前ですが、毎年収穫されたブドウの品質や気候などによって

出来が左右されます。

 

今年の出来は?

 

そして、気になる今年の出来具合は、、、、、

 

『歴史に残る、グレートヴィンテージ』

 

ENOTECA)

と、かなり良いようです。

 

さらに、引用です。

 

「収穫が終わるとすぐに、ボジョレでは北から南へ、そしてカーヴからカーヴへと、熱狂と称賛の声が駆け巡りました。2018年ヴィンテージは、2017年、2015年、2009年と並び、珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれるでしょう。

成熟の条件は理想的なものでした。天候面でもまったく問題なく、日照と暑さに恵まれ、果実はゆっくりと順調に熟してゆき、また春に蓄えられた水分を引き出すことで、ブドウ樹は全般的に乾燥に苦しむことはありませんでした。収穫されたぶどうは素晴らしい衛生状態です。収穫が開始されるまで良い状態を保っており、9 月の暑さと日照の恩恵を最大限に享受した生産者たちは健全で糖分が高く、よく凝縮したぶどうを収穫することができました。」

(ボジョレーワイン委員会のプレスリリース)

 

本当に、今年は良いワインになっているようです。

また、他の銘柄もとても良い出来ということなので、今年のワインをしっかりと保存しておけば、何年か後に2018年物のワインとして売れるかもしれないですね!

 

 

おわり

いかがでしたか。

じぶんは、

今年のワインは歴史残るほど、良いワインとのことなので

ぜひ飲んで見たいなと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボジョレー・ヌーヴォー3生産者飲み比べ3本セット [750ml x 3]
価格:9180円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

 

楽天で購入

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました